共同生活援助

 共同生活援助事業では、利用者の皆さんが自立することを目指し、地域社会の中で自信を持って日常生活を営むことができるよう、仲間と共に学びあえる居住の場を提供しています。 地域の方々とのつながりを大切に、生まれ育った地域で安心して暮らしていけるように、役割を持って地域社会へ参加することを目標に、活動の幅を拡げていきたいと考えています。

主な支援内容

(1)生活に関する相談及び援助  

 ぴあはうすでの生活における課題の克服や目標の達成の他にも、家庭との関わり方や状況改善も視野に入れていきます

(2)入浴・排泄及び食事の介護

 疲れを癒しリラックスできる環境作りと、世話人が作る家庭的な料理を提供し、心地良い場にしていきます  

(3)健康管理の援助  

 バイタルチェック・服装管理・通院介助といった部分をベースとして、医療面の効果が発揮できるように関わっていきます  

(4)金銭の管理に係る支援  

 お金の使い方に不安があったり不具合が生じないように、適宜に調節していきます  

(5)緊急時の対応  

 宿直による夜間対応や緊急時の体制作りをし、利用者の皆さんが危険や不安に陥らないように対応していきます   

(6)日中活動に係る他の事業所等との連絡調整  

 利用者の皆さんが日中活動の場としている事業所と、互いに日々の様子を取り交わし、一貫した対応ができるようにしていきます   

(7)余暇活動の支援  

 余暇の充実が心の安定を図ってくれることからも、余暇の開拓につながる機会を提供し共同生活の良さを活用していきます   

(8)その他日常生活上の支援  

 スタッフ全員が家族として付き合いながら、利用者の皆さんの生活上のさまざまなことに共感できる環境作りをしていきます
*。。・^ 共同生活援助事業活動風景 ^・。。*

グループホームぴあはうすでの様子を紹介します!

○外観 黄緑色の看板が目印、こちらが【ぴあはうす】の建物です
○食事 愛情いっぱい!おいしいごはんです
○お部屋の様子 自分のお部屋は快適です。整理整頓も頑張っています
○清掃の様子 掃除や洗濯なども自分たちで行っています
○余暇 皆でボードゲームなどで、楽しく過ごしています
○登所風景 送迎車に乗ってぴあわーくへ出発
○買い物 近くのお店に買い物に出かけました
○お祭り 地域のお祭りを皆で見に来ました
●その他 地域イベント鑑賞、日常品の買い物、入居者の誕生日祝い、情操行事として季節感のある内容を考慮します

ADLの向上を図り『自分でできることはやろう!』の精神で生活しています!


ご利用の手続き